先輩スタッフの声

津波古 唯

津波古 唯

津波古 唯

琉球大学
工学部(卒業生)

Q. アール・スタイルのインターンシップをはじめた理由を教えてください。

私は、琉球大学で建築を学ぶ学科に所属していて、日頃から設計の授業などがあり、建築物をつくるための勉強をしています。そんな時、アール・スタイルの説明会があると知り、面白そうだなというくらいの軽い気持ちで参加したんです。

説明会を聞いた当初は、ここで働くなら風通しも良さそうだし働きやすい環境なんだろうなと思いつつも、応募まではしませんでした(笑)。でも、大学での勉強が進むにつれ、家をつくる技術は身についても、建てられた家をどういう人が、どういう気持ちで購入するのかがよくわからないなと。実際に家を買う人たちが、どういう風に考えているのかを知りたいという気持ちが強くなり、説明会に参加してだいぶ時間は経っていましたが、是非アール・スタイルでインターンシップをしたいと思い、応募しました。

Q. これまでも他のアルバイトをされていたと思いますが、アール・スタイルのインターンシップの特徴を教えてください。

そうですね。このインターンシップの仕事は、主にゼロキューブというデザイナーズの木造住宅を購入しようか検討されているお客様が、モデルハウスに内覧にいらっしゃるので、商品の特徴や、不安に思われていることに対して受け答えしつつ、購入につながるよう丁寧に接客をすることです。年上のお客様を相手に、自分が買ったこともない住宅の案内をするので、始めた当初は仕事自体とても難しく感じました。

ただ、他のアルバイトでは経験のしたことなかった「インセンティブ制度」には驚きました。通常時給も高額な上に、自分の成績が給与にプラスで反映されるので、モチベーションアップに繋がっています。

Q. インターンシップの仕事をしている中で、どういう時にやりがいを感じますか。

お客様との会話が多い仕事なので、やはりお客様に覚えていてもらった時はとてもやりがいを感じます。

アール・スタイルのモデルハウスは、中部と南部に拠点あるんですが、ある時、中部で接客したお客様が別の日に南部のモデルハウスにもいらっしゃったことがあって。その時に顔を覚えてもらっていたので、「中部での接客がしっかりとできていたんだな」と思えたんです。こういうことがやりがいになるんだなと、実感できた出来事でした。

Q. この仕事の難しさはどんなところにありますか。

やっぱりお客様との会話ですね。はじめは、物件の知識もなくて、とにかくできないことだらけ。インターン生の最大のミッションは、個別相談会への誘導なのですが、インターンシップをはじめて1ヶ月目のときに、お客様から相談会の予約をいただいた時は、なんで取れたかもわからない状態で(笑)。とにかく思うように成果が出せない状況に対して、悔しい気持ちで働いていました。

インターン生は日頃、ゼロキューブのブログで情報発信をするのですが、その中で住宅の知識をつけていく努力していきました、あとはとにかく会話の難しさが一番の壁でした。お客様と会話していて「ああ、ここもっと踏み込めたな」とか、「このポイントで個別相談会の案内できたな」とか。相談会の予約がとれたとしてもとにかく反省反省の日々(笑)。お客様との他愛のない会話も大事にしながら、互いの共通点を見つけて、少しずつ信頼値を上げながら、住宅のことへと話を移していく。私との会話を楽しんでもらえるように心がける。そんなことを意識しながら日々会話のスキルを磨くよう努めていました。

Q.どんなひとに、このインターンシップを勧めたいですか。

正直、簡単な仕事ではないのですが、「インセンティブ制度」があり、ゲーム感覚で楽しみながら接客スキルを身に着けていくことができます。負けず嫌いな人、自分に厳しい人は、成長が早いと思います(笑)。接客は、ただお喋りをするのではなく、お客様のことを知り、こちらのことも知ってもらう。そんなコミュニケーションのスキルをしっかりと磨ける環境はあるので、自分の成長にとことん向き合いたい人にはオススメの仕事です。

私も、社会に出る前にこれほど多くの目上の人とのコミュニケーションをとり続けて、随分コツもわかって来ました。社会に出る上では大きな武器を身につけられたなと思います。少しでも興味を持たれた方は、是非チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

 

今回のインタビューはここまでです。
アールスタイルのインターンの魅力、ちゃんと伝わりましたでしょうか?
学生のうちに仕事そのものや、社会人としての仕事のやり方を学べて、仕事を通して得る喜びを実践で感じながら、お金をもらえるインターン、ほんといいですよね。

普通のバイトだと、細かく与えられた仕事以上のことをやると怒られますし、普通のインターンだと、どれだけ頑張ってもお金が発生しないから、認められてる感じがしませんし。 それに比べて、アールスタイルのインターンは、むしろ与えられた仕事以上のことをできるようになることが、自分の成長として還ってきます。さらにそれが時給に上乗せされていくから、自分の成長がはっきりと目に見えるんです。

なにより、自分が失敗しながら成長できる環境があるんですよ。そんな贅沢すぎるような環境が、女子大学生になら誰でも挑戦できる門を開いています。あとは、入るかどうかをあなたが決めるだけで!是非挑戦してみてください!

先輩スタッフの声

募集要項

事業内容

会社概要

お問い合わせ・ENTRY

オシゴトの裏側BLOG

Facebook

page top