社員インタビュー

長野県出身の石谷有希恵さんです。
2016年1月から正社員としてアール・スタイルへ入社。
アール・スタイルってどんな雰囲気なんだろう?どんな業務をするのかな?
どんな先輩がいるのかな?
そんな疑問の解消をお手伝いするべく、現場で活躍する先輩の声をお届けします。

それではスタート!

2016年1月(中途入社)※2016年5月取材

石谷 有希恵ISHIGAI YUKIE

名古屋芸術大学 デザイン学部卒

インタビュー イメージ写真01

Webデザインと建築に興味がありました

Q「それでは始めに、石谷さんがアールスタイルを知ったきっかけは何ですか?」

「ハローワークでデザイナー職を探していたところ、アール・スタイルの求人情報を見つけたことがきっかけです。5年ほどグラフィックデザイン、プロダクトデザインの仕事を経験しましたが、これからはWeb系がどんどん伸びていくだろうと考えていて、Webデザインに挑戦したい気持ちがありました。建築の仕事は未経験でしたが、子供の頃は間取り図を眺めては自分の暮らしたい部屋を考えるのが好きで、興味がありました。その組み合わせがいいなと思って応募しました。」

インタビュー イメージ写真02

Q「実際にはどんなお仕事をされていますか?」

「マーケティング部デザイナーとして働いています。集客のための情報発信として広告に携わったり、モデルハウスのインテリアをしたり・・・インターネットやお店で情報収集をしながら、雑貨の仕入れも担当しています。」

Q「多岐にわたるデザイナーのお仕事の中で、どんなことに気を付けていますか?」

「お客様の視覚に訴えるものを担当しているので、言葉は無くてもアール・スタイルの魅力が伝わってほしいと思っています。そのために、お客様目線で考えることに常に気を付けていますね。」

インタビュー イメージ写真03

不安な気持ちも前向きに支えてくれるアール・スタイルの先輩たち

Q「入社をされてから、心に残っているエピソードはありますか?」

「インテリアコーディネーターの仕事は初めてのことで、不安になりながら担当していました。人手が足りないときに私もモデルハウスの案内をすることがあるのですが、お客様から『インテリア、おしゃれですね!』と言ってもらえたことがあり、本当に嬉しかったです。社長やインターン生にも評価の声を貰えたことは、とても自信に繋がりました。」

Q「入社してから辛かった経験はありましたか?」

「入社して3か月くらいは辛かったですね・・・(笑)
社長の考えについて行くのに、とにかく必死でした。あるとき、そんな悩みを社長や先輩に話してみたところ、社長から『一緒にいたら同じ考えになっていくよ』と言われました。そこから、出来る限り社長と一緒にいる時間を増やすようにしましたね。1年ちょっと経ち、ちょっとずつではありますが、社長の考えていることがだんだんわかるようになってきたかなと思います。」

Q「ぶっちゃけ、アール・スタイルの社長や先輩社員の皆さんはどんな方ですか?」

「社長は厳しいですが、思いやりのある方です(笑)。アール・スタイルは前向きな社員が多くて、一緒に仕事をしていてもネガティブな意見をあまり聞いたことがないですね。ネガティブになっていても、話をしていくうちにポジティブな考えになれる環境で、自分にはすごく合っていると感じます。」

インタビュー イメージ写真04

様々な業務を通じて楽しく成長できる

Q「ずばり!アール・スタイルの魅力って?」

「アール・スタイルの仕事は刺激がたくさんあって、大変だけどすごく楽しいです!1つの仕事だけではなくいろいろなことを任せてもらえるので勉強することも多いですが、自分の知識になっていき、成長を感じられるのが楽しいですね。他には、定期的に社内イベントが行われるので、いつも楽しみにしています。社員旅行は前回台湾に行ったみたいで、私は今年から参加して、香港に行ってきました。以前にもプライベートで行ったことがある香港でしたが、アール・スタイルの皆さんと行くことで、依然と違った楽しみ方が出来て思い出深かったです。社員旅行の他にも、沖縄のトロピカルビーチやリゾートホテルでBBQも行います。山育ちの私には、海のBBQが新鮮で楽しいですし、仕事とは違う雰囲気で皆さんと親交を深めることができます。」

Q「今後の目標やビジョンはありますか?」

「社長や先輩方に少しでも追いつきたいです。社長が『効率化を考えて』とよく言っていて、私自身無駄が多いなと感じているので、先輩方のようにもっと効率よく働けるようになりたいなと思っています。新しい事業が始まったときもついていけますしね!」

Q「最後に、アール・スタイルで働くにはどんな方が向いていると思われますか?」

「現状の自分に満足することなく、常に成長していきたいという意欲のある方ですね。何がお客様に必要とされるかを考える必要がありますが、それも時代が流れるにつれて変わっていくものです。時代に合わせて考え方や行動を変えていける意識を持った人が向いていると思います。」

先輩スタッフの声

募集要項

事業内容

会社概要

お問い合わせ・ENTRY

オシゴトの裏側BLOG

Facebook

page top